【スウェーデン語③】en名詞とett名詞(単数・複数・定形・不定形の基本ルール)

スウェーデン語の名詞には、

  • 両性名詞(utrum)
  • 中性名詞(neutrum)

の2種類があります。

両性名詞にはen、中性名詞にはettという冠詞がつくので、それぞれen名詞ett名詞とも呼ばれます。

これらの名詞は、単数から複数形への変化、不定形から定形への変化の仕方に違いがあります。

en名詞とett名詞の見分け方

残念ながらこの2つを見分ける明確なルールはなく、ひとつひとつ覚えるしかありません。

スウェーデン語の名詞の75~80%はen名詞だよ!

名詞(単数・複数)

名詞を単数から複数に変化させる際の基本ルールは、次の5つです。

en名詞
①(aで終わる名詞の場合)語尾に or を付ける。
②語尾に ar を付ける。
③語尾に er を付ける。

ett名詞
④母音で終わる場合:語尾に n を付ける。
⑤子音で終わる場合:変化なし。

このルールを、具体例を使って示したのが次の表です。

  単数複数

en名詞

en flickaflickor
en bilbilar
en kattkatter
ett名詞ett äppleäpplen
ett hushus

それぞれ例外はありますが、基本的にはこの5つのルールを覚えておきましょう。

名詞(定形・不定形)

さらに名詞には、定形と不定形の2種類があります。

定形とは、聞き手・読み手が、その名詞が指す内容を特定できる場合に用います。

不定形とはその逆で、名詞の内容が特定されていない一般的な場合に使います。

英語の a dog(とある一匹の犬=不定形)とthe dog(その犬=定形)の違いと同じですね。

単数名詞の定形

単数名詞を不定形から定形に変化させる基本ルールは、次の4パターンです。

en名詞
①母音で終わる場合:語尾に n を付ける。
②子音で終わる場合:語尾に en を付ける。

ett名詞
③母音で終わる場合:語尾に t を付ける。
④子音で終わる場合:語尾に et を付ける。

頭に付いている冠詞を、そのまま単語のおしりに移動させるイメージだね!

 単数
 不定形定形
en flickaflickan
en bilbilen
ett äppleäpplet
ett hushuset

 

複数名詞の定形

複数名詞を不定形から定形に変化させる基本ルールは、次の3パターンです。

en名詞
①語尾に na を付ける。

ett名詞
②単数→複数の変化の際、語尾に n を付けた場合:語尾に a を付ける。
③単数→複数で変化しない場合:語尾に en を付ける。

 複数
 不定形定形
flickorflickorna
bilarbilarna
katterkatterna
äpplenäpplena
hushusen

 

【スウェーデン語】en名詞とett名詞まとめ

ひとつの表にまとめるとこのようになります。

 en名詞ett名詞
単数・不定形

en flicka

en bil

en katt

ett äpple

ett hus

単数・定形

flickan

bilen

katten

äpplet

huset

複数・不定形

flickor

bilar

katter

äpplen

hus

複数・定形

flickorna

bilarna

katterna

äpplena

husen

慣れないうちは「こんなにルールがたくさんあって覚えられない!」と戸惑ってしまうかと思います。

でも大丈夫。

スウェーデン語に触れ色々な単語を耳にするうちに、自然と身に付いていきます。

細かくルールを暗記しようとするよりも、慣れることが近道!

文法のルールは、基本に立ち返りたいと思ったときに復習する程度で十分です。

生きたスウェーデン語にどんどん触れて、身につけるようにしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました